Home > サーバのお話

このコラムでは、PHP・Perlなどの技術的なことを書いていこうと思います。

それほど更新頻度は高くないと思いますが、つまらない事から難しい事まで

書けたら良いなぁ~と思っています。

世の中いろいろ

かなり謎

windows2003 server にVMwareでCentos5+postfix2.3.3-2.2.el5_6でsmtpサーバを構築しているんだが

クライアントの
WindowsXP からは1MB程度の添付メールの送信は出来る。

VMwareのホストOSになっているwindows2003上からは20kBを超える添付を送信することが出来ん。
bodyに20KB近く書き込んだ送信も出来ん。

ログを見ると、postfix/cleanupで処理が止まり、タイムアップ ( TДT)


クライアントのXPは、同一セグメント上にあり、特にアクセス制限はしていない

Windows2003からの送信も10KB程度の添付メールであれば(添付ないメールも)送信は出来ている
メーラー、コマンドによる送信も同様の現象・・・

windows2003のポリシー等の問題なのか
postfixの設定の問題なのかが判断が付かず
はたまたVM間の問題なのか

うむ~
謎だ・・・
  • TrackBack (Close): -

環境問題なんなん

久しぶりの更新で
宣伝になってしまうのが心苦しい(・_・;)


私が運営しているサイト ベストスポット を
GSLパートナーに参加することになりました
当ホームページは、環境問題に貢献出来るよう勤めて行こうと思います


このコラムをご覧の企業/個人様は下記よりご連絡頂ければ申請のお手伝いを致しますので
よろしくお願い致します お問合せ


参加特典として1年間の無料ライセンスが貰えるそうですよ!ヽ(´ー`)ノ
  • TrackBack (Close): -

postfix 複数ドメイン管理

smtpサーバーのpostfixで複数ドメイン(バーチャルドメイン)を設定した時のお話

サーバー設定は、単一ドメイン時と同じに設定し
他ドメイン配信設定は、/etc/postfix/virtualで行う

記述方法は

hoge.jp anything
hoge_user@hoge.jp hoge_user
hage.jp anything
hage_user@hage.jp hage_user

のようになるのだが、「このファイルには自ドメインの記述はしていけない」
#してしまうとWARNINGでおかしなことになりまふ(*'-')

設定方法は、ココを参考にした

その後、
postmap hash:/etc/postfix/virtual
でバーチャルドメイン設定をDBかし
#virtual.dbが出来る

main.cfに
virtual_maps = hash:/etc/postfix/virtual
を追加

でメールサーバーをリロード
/etc/init.d/postfix reload


で終わり。


超簡単だね(´∀`)b


で上でも書きましたが、バーチャルドメインの設定に自ドメインを入れてしまうと
main.cfで記述した$mydestinationの設定と被ってしまい
#ここで自ドメインを含めなければ良いのかもしれない

メールリレーが正常に行われなくなります。
postfixも設定エラーにすれば良い物をWARNINGとしてローカル配信しちゃいます

まぁログ見れば解るとは思うんだが

私みたいにwindows2003上にvmwareで仮想化しているとwindows2003では、問題なくて
他クライアントで受信できない(送信は出来る)とか訳の解らない事になるので気をつける!
#これも冷静に考えれば解るんだが・・・


とまぁ、おバカ&メモ的な事で保管(*´Д`*)

  • TrackBack (Close): -

More...

Home > サーバのお話

Recent Entries
Search
Feeds

Page Top