Home > サーバのお話 > postfix 複数ドメイン管理

postfix 複数ドメイン管理

smtpサーバーのpostfixで複数ドメイン(バーチャルドメイン)を設定した時のお話

サーバー設定は、単一ドメイン時と同じに設定し
他ドメイン配信設定は、/etc/postfix/virtualで行う

記述方法は

hoge.jp anything
hoge_user@hoge.jp hoge_user
hage.jp anything
hage_user@hage.jp hage_user

のようになるのだが、「このファイルには自ドメインの記述はしていけない」
#してしまうとWARNINGでおかしなことになりまふ(*'-')

設定方法は、ココを参考にした

その後、
postmap hash:/etc/postfix/virtual
でバーチャルドメイン設定をDBかし
#virtual.dbが出来る

main.cfに
virtual_maps = hash:/etc/postfix/virtual
を追加

でメールサーバーをリロード
/etc/init.d/postfix reload


で終わり。


超簡単だね(´∀`)b


で上でも書きましたが、バーチャルドメインの設定に自ドメインを入れてしまうと
main.cfで記述した$mydestinationの設定と被ってしまい
#ここで自ドメインを含めなければ良いのかもしれない

メールリレーが正常に行われなくなります。
postfixも設定エラーにすれば良い物をWARNINGとしてローカル配信しちゃいます

まぁログ見れば解るとは思うんだが

私みたいにwindows2003上にvmwareで仮想化しているとwindows2003では、問題なくて
他クライアントで受信できない(送信は出来る)とか訳の解らない事になるので気をつける!
#これも冷静に考えれば解るんだが・・・


とまぁ、おバカ&メモ的な事で保管(*´Д`*)

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
Sorry, no trackback pings are accepted.
Listed below are links to weblogs that reference
postfix 複数ドメイン管理 from 世の中いろいろ
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > サーバのお話 > postfix 複数ドメイン管理

Search
Feeds

Page Top